テーマ:観光地

怪獣モスラが止まった木…北海道の旅(遠軽町)

 遠軽町丸瀬布に大平高原がある。  対向車のない道をくねくね登っていくと、広い草原が現れる。  晴れていれば気持ちいのだろうが、私が行った時は曇り。  それでも気持ちよい風が迎えてくれた。  そんな高原にある通称「モスラの木」。  モスラの映画でロケ地として使われ、モスラが止まったとして地元の人から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風連湖を走古丹から望む…北海道の旅(別海)

 根室半島の付け根に風連湖はある。白鳥の飛来地として有名だ。  根室側からは、根室に向かう道すがら眺めることもできるし道の駅もある。  でも、その対岸からみたいと思って行ったのが走古丹。  砂州を走ること10分程度。     近くにはタンチョウの営巣地や、その他鳥類が多く見られる。    それに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メロディーロード(道から音楽が流れる)…北海道の旅(標津)

 標津のとある場所に面白い道がある。  この道、実験的に作ったそうだが、その趣向は面白い。  舗装された道に一定間隔で加工がしてあり、タイヤが道に接触するときに発生する音に音階をつけているのだ。  しかも、それが曲になっている。  ちなみにこの道で流れる曲は「知床旅情」だ。  ただし、実験的なものな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドンキホーテは巨大な風車に何を思うか2(風力発電)…北海道の旅(幌延)

 利尻島を望む海岸線に巨大な風車群が…  一列に並ぶ28基のプロペラが異様な姿を現している。    最高到達点の高さは99mという。  見上げると…  一度行ってみるがいい…オトンルイ風力発電所。    実物はすごいぞ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドンキホーテと巨大な風車(風力発電)…北海道の旅(寿都2)

     海岸線で巨大なプロペラが回る…  もともと風が強い地域に、自然の力を利用したエコな電力の供給源があった。  強い波が押し寄せる海岸線の向こうに浮かぶ人工物は、大自然に溶けこみ私を圧倒する。    弁慶岬にほど近い寿都の海岸にこの光景はある。  北海道にはいくつもの風力発電所があり、恐ろしいほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の弁慶伝説~弁慶の像が突如現れる…北海道の旅(寿都)

 小樽から函館までの「追分ソーランライン」を走ると、寿都町に「弁慶岬」なる場所がある。  そこには、こんな弁慶の銅像が建っている。    義経伝説は北海道のいくつかの地にあるが、この地には弁慶の伝説があるらしい。  真実かどうかはともかく、北の地のこんなところに弁慶の像があるのは驚きではあるが面白い。  画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最北端の終着駅 稚内駅…北海道の旅(稚内)

 日本最北端の地に行くと旅情が高まる。  幼いころ、教室の日本地図を見ながら、日本のてっぺんに一度は行ってみたいとよく思ったものだ。  はるか遠くに感じた地は、何度か訪れるうちに身近になっていく。  宗谷本線の終着駅、稚内には旅情をかきたてる風情があふれている。  ここは最北端。  日本最南端の駅に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オホーツクの珊瑚草が赤く染まって…北海道の旅(能取湖)

 網走から車で30分ほどのところに、サンゴ草の群生地がある。  サンゴ草とは別名アッケシ(厚岸)草ともよばれ、北海道のいくつかの地で見られるが、あまり馴染みのない植物 である。  しかし、北海道の名所では観光地化するほど人々を引きつけている。      9月ごろに赤く染まるこの植物、近くで見ると、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天国の本屋」 映画のロケ地(マップ有)~地上へのまっすぐな道…北海道の旅(サロベツ原野)

 「天国の本屋」という映画が以前公開された。    竹内結子が主演するこの映画を観たのはその数年後、DVDをレンタル したのが初めてだった。  あの映画で印象的に感じたなシーンといえば、天国からこの世へ帰る ため、三輪の自動車で一直線の道を走る場面だ。  このシーンに登場する風景は、一体どこで撮られたのだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神秘の池「神の子池」…北海道の旅 (裏摩周)

 前回の書き込みからしばらくたってしまった。  昨年の10月より北海道の観光についていろいろと書いていて、始めた当初は頻繁に更新していたが、個人的にいろんな出来事がありおろそかになってしまった。    今後はゆっくりとだが私がお薦めする観光スポットを紹介する。  ただ、観光地の紹介は、「画像」が添付されていて初めて成立すると思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more