テーマ:道央

十勝ヒルズ~花が咲く十勝の庭園へ…北海道の旅(幕別町)

 今年7月末のある日の十勝ヒルズ  初めて訪れた場所  まだ、新しい観光地だと思うが、  西洋の庭園風でゆっくり見るには良いだろう。  でも、途中思ったのだが、  入口で、庭園内の案内マップをもらったが、 例えば、順路を示す案内板がスロープにはなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うずらのプリン」を食べてみた…北海道の旅(室蘭市)

 スイーツが好きで、北海道を訪れると豊富な種類に いつも食べ過ぎてしまうが、プリンも好きである。  今回、紹介するのは、うずらの卵を使ったプリン。 このプリンは二層になっていて、上は生乳を使って クリーミーしたまろやかなプリンで、下は濃厚なプリン になている。  もともと、うずらの卵と鶏卵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛の青い池は、天候、季節、時間によって表情が違う…北海道の旅(美瑛町)

 青い池は3回訪れた。  そのたびに違う表情だ。  時期や時間帯、天気も影響する。    まず、5月の午前9時頃  まだ春の季節はこの時間でも日が差していない。  この後少し天候が回復したが…ポスターのような青ではない。  次は7月の10時頃   雲が多かったが、一応青空も見えた天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道のこれが室蘭カレーラーメンかぁ…北海道の旅(室蘭市)

 カレーを使った商品をご当地グルメとしている ところは多い。  これが室蘭のカレーラーメン。  カレーラーメンって普段食べるだろうか?  私の人生で、カレーラーメンを外食した記憶は1回きりだ。  家でも食べたのは数度…  そんなカレーラーメンを室蘭では、ラーメン店の多くがメニュー化 して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予約後一年待ちの幻のプリン~エゾアムプリン製造所…北海道の旅(富良野市)

 富良野市街から遠く離れた丘の上で、一日に18個しか作らない 幻のプリン。  販売方法は、道外発送、道内発送、直接販売とのことで、道外か ら予約すると、1年近く待たなければ口にすることができないプリン。  ふらの「牛乳プリン」でも「旭山動物園の軌跡のプリン」でもない。  今年の3月、テレビ番組の「いきなり!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛の木~「絵本の木」~一番会いたかった風景…北海道の旅(美瑛町)

 数ある有名な美瑛の木の中で、その姿は有名だが、 場所が公表されていない木がある。  それが「絵本の木」…  CM等で何度も見たが、周囲が私有地のため、許可なしでは 近づけない。  美瑛に初めて訪れたのは15年くらい前…  それ以後、何度も行ったが、一度も見たことがなかった 絵本の木…  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛の丘にて~名もない丘の美しい風景…北海道の旅(美瑛町)

 美瑛を訪れると、名前のついている道やら丘、木などの観光地が 多い。  でも、名もない地でも美しい風景を見ることができる。  一人旅で行動する私は、そんな場所によく出会う。  しばらく、こんな景色を眺めていたい。  有名な観光スポットもいいだろうが、  あまり他人の訪れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛の丘にて~「就実の丘」~旭川空港近くの直線の道…北海道の旅(美瑛町)

 旭川空港出て、いつものようにレンタカーに乗る。  いよいよ旅の始まりだと、気持ちが高まり楽しくなる。  美瑛市街に向かい車を走らせて数分後、少し分かりにくい 入口だが左折し、間もなくこんな風景が現れる。  結構、「北海道らしい」風景だ。  空港のそばにこんなところがあったのか…  し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛の丘にて~「哲学の木」~物思いにふける木…北海道の旅(美瑛町)

 まるで人が首をかしげ、思索にふけるような姿からこの名が ついたという。  これでもポプラの一種とのこと。  初めて美瑛を訪れたとき、ある理由でこの木を探すことが できず、二度目の訪問でやっと見ることができ感動したものだ。  もう、何度も訪れたが…  今年の5月の様子は  先月は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛の丘にて~「ケンとメリーの木」~丘に立つ一本の木…北海道の旅(美瑛町)

 美瑛といったらこのポプラの木を思い浮かべる。  私は、なぜか美瑛に行くとここに寄る。  近くに行くと、その大きさに驚く。  この木の目の前にジャガイモ畑があり、その景色を 眺めていた人を思い出す。  今年の5月の景色  そして先日の夏の日差しの中での景色…  昭和の時代、日産の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛の丘にて~「親子の木」…北海道の旅(美瑛町)

 以前、このカシワの木のことを掲載したことがあったが、 ここも毎回訪れる観光スポットだ。  この風景も美瑛を代表するものだろう。  周囲の様子が変わると印象も違う。  ことしの5月は  7月になると  背景が大空になるだけに、晴れた日はとても綺麗だ。  親子が寄り添う風景… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛の丘にて~「マイルドセブンの丘」…北海道の旅(美瑛町)

 ここの丘も、美瑛に行ったときには行く場所だ。  カラマツの木が並ぶこの丘は、昭和の時代に、タバコの 銘柄であるマイルドセブンのパッケージに使われた(CM 撮影とかポスター撮影という諸説があるが…)らしいが、 今年の5月中旬の様子は  7月中旬が…  夕方、赤く染まる空を背景にした景色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「嵐」が出演するJALのCM~5本のカラマツの木が並ぶ~「嵐の木」…北海道の旅(上富良野町)

 JALの「先得」のCMで有名になった「嵐の木」…  カラマツの木が5本並ぶ…  美瑛にあると紹介しているものが多いが、正確には上富良野 にある木で、近くに「かんのファーム」があり、美瑛との境界に 立ち並んでいる。  先日初めてその木を見に行った。  平日の午前中だったが、観光客が結構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛の丘にて~「クリスマスツリーの木」…北海道の旅(美瑛町)

 今年、美瑛には2回訪れることができた。   いつも「木」を巡ることになるのだが、その中でも好きな木の 一つが「クリスマスツリーの木」である。  ヨーロッパトウヒという木のようだが、5月の中旬に訪れた ときの様子がこちら  そして、7月中旬がこちら  2か月くらいの差ではあるが、かなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が人生で最も辛い旅だった…

   我が人生において、こんなにも辛い「旅」があっただろうか?  3泊4日の行程で出発した北海道旅行。  身内を連れて行ったので、北海道観光の王道である、旭川・美瑛 ・富良野・小樽・札幌をめぐるように計画を立てた。  出発する数日前から、少し体調が悪かったのだが、  その二日目、急性(感染性)胃腸…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

桜前線よ!今年の君は遅すぎた…

 「北海道の桜が観たい…」  と、親戚の一人が言いだしたのが、この旅行の切っ掛け だった。  今回は2人の高齢の人を連れ、案内することになった。  1月頃から、天気予報を気にし始め、桜の開花予想とも にらめっこ。  3月までは、開花に向けて順調に進み、例年並みか少し 早目の開花予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白鳥大橋も青空に映える…北海道の旅(室蘭市)

 前回の記事にあるように、2012年度の室蘭では快晴に恵まれた。  地球岬以外にもう一つ、青空に映える景色がこれだ。  綺麗な眺めである。  以前の雨天とは比較できない。    本当に絵のような景色であった。    ちなみにここは祝津公園展望台…  この白鳥大橋は、夜も風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空と海と…地球が丸く見える絶景の地球岬 …北海道の旅(室蘭市)

 あれはいつだったか…そう「地球岬」を初めて訪れた時。  水平線が丸く見えるといわれて楽しみにしていた「地球岬」だったが、 雨男ぶりを発揮し、その景色は…  展望台にある「幸福の鐘」もこれだ…  視界は5mほどで、ここまで車で来るのも一苦労だった。  下の方で波音だけが聞こえ、かろうじてここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニセコの山にある神秘的な沼~神仙沼…北海道の旅(共和町)

 ニセコの山の上のパノラマラインを走っているとレストハウスと 駐車場が現れ、そこに神仙沼への入口がある。  過去に一度、沼まで行こうと思ってこの駐車場まで来たことがあったが、 時期が5月中旬で周囲に積雪があり、沼への進入が禁止されていて非常 に残念な思いをしたことがあった。  入口からはこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道で宝物探し!旅のバトンを受け継ぐ!!

 以前、旅の楽しみのひとつに、違う行程で北海道に行く 知り合いに、約束した場所に足跡を残してもらい、後から 行く人が、その証拠のものを探しに行く… そんな旅の楽しみ方を紹介した。  例えば、広大な北海道の大地のどこかに、最初に訪れた 仲間が目印を残しておく…(「ひも」とかがいい)  後から旅する人が、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

札幌駅JRタワーの回転寿司「根室花まる」は美味しかった…「北海道の旅」(札幌市)

「根室花まる JRタワーステラプレイス店」  今年の冬、札幌を訪れた時、評判の高い回転寿司屋があったので 一度を訪れようと食べに行ったのがここ。  平日の昼前に行ったのだが、既に客は並んでおり、結局20分程 待って店に入れた。  いろいろなネタがあった…  冬だったので、大好きな「鱈の白子」……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白いとうもろこし「ピュアホワイト」~生でも甘い!!…北海道の旅(富良野市)

 以前、帯広の飲み屋で地元の人と話をしたとき、 生で食べるとうもろこしは、甘いことは甘いが青臭いぞ! といわれ、その時もらったとうもろこしを生で食べたらは、 非常に甘かったものの確かに口の中に青臭さが残った。  そんな印象があり、どれを食べても青臭いと思っていたが、 先日、職場の人で北海道に旅行に行った人か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富良野観光・ファーム富田の花畑…北海道の旅(富良野市)

 2011年のファーム富田の「彩りの畑」。  8月5日午後の状態…    ピークは過ぎている…  連作障害を避けるため色のパターンを変えているようだが、  前回(2年前)とはちょっと違うイメージだ。  敷地内の他の畑は綺麗だ。  もうしばらくは綺麗な風景を見せてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北竜のひまわり畑が見頃!ひまわりの里が一面黄色に染まる…北海道の旅(北竜町)

 日本一のひまわり畑といわれる北竜町の「ひまわりの里」。  8月5日に行ってきたらちょうど見頃だった。  晴天にも恵まれ、黄色いひまわりが迎えてくれた。  以前にも訪れたことがあるが、時期が早く曇天だったため、 あまり感動はしなかった…  まだ、咲いていない畑もあるので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ホッキカレー」~苫小牧の漁港でホッキ貝を食べる…北海道の旅(苫小牧)

 ホッキカレーで有名な苫小牧の「マルトマ食堂」。  ホッキ貝の漁獲量が日本一なのが苫小牧のようだが、  一応有名店だけに、話のネタにしようと食べてみた。  店の中は、普通の大衆食堂っぽい。    ボリュームがあると分かっていたので、運ばれてきた器には あまり驚かなかった。  さて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌の旧赤レンガ庁舎…旧道庁の中を歩く…北海道の旅(札幌)

 札幌観光としては有名な場所「旧道庁」。      国指定重要文化財としえ保管されているが、建物の中を見学できる。    中は2階建てになっている。  正面を入ると、二階へ続く階段に圧倒される。  基本的には床には赤じゅうたんが敷かれている。  いくつか部屋があり、北海道観光の冊子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「白い恋人」の工場見学~北海道みやげの定番!…北海道の旅(札幌)

 北海道みやげといえば、石屋製菓の「白い恋人」か六花亭の「バターサンド」。  その双璧の一方である「白い恋人」の生産工場が「白い恋人パーク」内にあり、 その工場を見学する。  数年前に、いろいろと問題があって世間を騒がせたが、 そこは歴史のある「白い恋人」、人気は衰えない。  敷地内は、建物はすごく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌での夕食 五軒目~やっぱ味噌ラーメン~北海道の旅(札幌・すすき野)

 お酒の最後の締めは…「ラーメン」  そんな気分になり、本日5軒目の飲食店に入る。  他に客がいないので、ゆっくりとカウンターに腰掛ける。   ここは札幌…味噌ラーメンが食べたいと思い注文する。  これぞ、味噌ラーメンというものだった。  「三平」で食べたあまりにもベーシックな味ではなく、昔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more