テーマ:北海道

美瑛の丘にて~「マイルドセブンの丘」…北海道の旅(美瑛町)

 ここの丘も、美瑛に行ったときには行く場所だ。  カラマツの木が並ぶこの丘は、昭和の時代に、タバコの 銘柄であるマイルドセブンのパッケージに使われた(CM 撮影とかポスター撮影という諸説があるが…)らしいが、 今年の5月中旬の様子は  7月中旬が…  夕方、赤く染まる空を背景にした景色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「嵐」が出演するJALのCM~5本のカラマツの木が並ぶ~「嵐の木」…北海道の旅(上富良野町)

 JALの「先得」のCMで有名になった「嵐の木」…  カラマツの木が5本並ぶ…  美瑛にあると紹介しているものが多いが、正確には上富良野 にある木で、近くに「かんのファーム」があり、美瑛との境界に 立ち並んでいる。  先日初めてその木を見に行った。  平日の午前中だったが、観光客が結構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛の丘にて~「クリスマスツリーの木」…北海道の旅(美瑛町)

 今年、美瑛には2回訪れることができた。   いつも「木」を巡ることになるのだが、その中でも好きな木の 一つが「クリスマスツリーの木」である。  ヨーロッパトウヒという木のようだが、5月の中旬に訪れた ときの様子がこちら  そして、7月中旬がこちら  2か月くらいの差ではあるが、かなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また、旅立ちます…北海道へ

 前回5月の、とてつもなく辛い旅行の思い出を吹っ切るために、 もうすぐ旅立ちます。  今回は、幻のプリンを食べたり、  花の庭園を回ったり、  ホエールウォッチングをしたり…  楽しみだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が人生で最も辛い旅だった…

   我が人生において、こんなにも辛い「旅」があっただろうか?  3泊4日の行程で出発した北海道旅行。  身内を連れて行ったので、北海道観光の王道である、旭川・美瑛 ・富良野・小樽・札幌をめぐるように計画を立てた。  出発する数日前から、少し体調が悪かったのだが、  その二日目、急性(感染性)胃腸…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

桜前線よ!今年の君は遅すぎた…

 「北海道の桜が観たい…」  と、親戚の一人が言いだしたのが、この旅行の切っ掛け だった。  今回は2人の高齢の人を連れ、案内することになった。  1月頃から、天気予報を気にし始め、桜の開花予想とも にらめっこ。  3月までは、開花に向けて順調に進み、例年並みか少し 早目の開花予…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青年よ大志を抱け!クラーク博士がこの名言を残した場所…旧島松駅逓所(北広島市)

 「青年よ、大志を抱け!」  という有名なクラーク博士の言葉。  自らの帰国の際に、集まってくれた札幌農学校の第一期生に対して発した 言葉とされる。  本当にそのような言葉だったのか…諸説あるようだが、ともかく、その言葉 を残した場所が、この駅逓所だったといわれている。  「駅逓所」とは、駅舎と人馬を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊が襲ってきた!!?サイロ展望台にて…北海道の旅(洞爺湖町)

 以前、2009年11月12日付けのブログで、知床の羅臼で野生の熊と 遭遇したことを掲載したことがあるのでご覧いただきたい。  今回は…  本物ではない。  洞爺湖を一望する絶好のロケーションのひとつ、 「サイロ展望台」での出来事であった。  ここではヘリコプターで洞爺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅弁 母恋めし…やっと味わえた「ほっき貝」を使った室蘭本線の駅弁…北海道の旅(室蘭市)

 私にとって幻の駅弁が「母恋めし」…  それは室蘭本線の「母恋駅」に売っている駅弁である。  この駅弁、私にとっては幻の駅弁であった。  初めて訪れた時、レンタカーのカーナビの設定が思う通りにいかず、 30分近く迷い、到着した母恋駅の駅舎から地元民らしき人が、数個の 駅弁を抱えでてきた光景を見て、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の桜を観てもらうために…

 今年の5月に北海道旅行を計画している。    普段は一人旅なのだが、今回は身内を連れていく。  北海道が初めての人もいて、絶対楽しんでもらえる行程を 考える自信はあるのだが、ひとつ問題がある。  同行する人から  「北海道の桜を観たい!!!!」  という強いリクエストがあるのだ。  そりゃ、5月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の黒豆と栗きんとんは…

 昨年の夏、ニセコを訪れた時、正月用の黒豆を購入した。  前年までは、十勝産の黒豆だっただが、今回はちょっと趣きを変えて 道の駅ニセコビュープラザにて買った黒豆だ。  見かけはどうでしょうか?  甘さも適度に控えめで、評判がよろしゅうございます。  そして、栗きんとんもつくりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白鳥大橋も青空に映える…北海道の旅(室蘭市)

 前回の記事にあるように、2012年度の室蘭では快晴に恵まれた。  地球岬以外にもう一つ、青空に映える景色がこれだ。  綺麗な眺めである。  以前の雨天とは比較できない。    本当に絵のような景色であった。    ちなみにここは祝津公園展望台…  この白鳥大橋は、夜も風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青空と海と…地球が丸く見える絶景の地球岬 …北海道の旅(室蘭市)

 あれはいつだったか…そう「地球岬」を初めて訪れた時。  水平線が丸く見えるといわれて楽しみにしていた「地球岬」だったが、 雨男ぶりを発揮し、その景色は…  展望台にある「幸福の鐘」もこれだ…  視界は5mほどで、ここまで車で来るのも一苦労だった。  下の方で波音だけが聞こえ、かろうじてここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一の立ち食いそば屋(駅そば屋)の記憶…北海道の旅(音威子府村)

 遡ること30年以上だろうか、まだ私が子供だった頃、全国の立ち食い そば屋のランキングをテレビ番組で行っていたのを観た記憶がある。  私自身、その頃の他の番組の記憶はほとんど無いのだが、何故か 北海道のどこかの駅のそば屋が一位になったのを覚えている。  記憶が残っているのだから、かなりの印象だったのだろう、もしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

べつかいの牛乳屋さん~べつかい乳業興社を訪ねる…北海道の旅(別海町)

 先日、ジャンボホタテバーガーを紹介したが、別海で一番盛んな 酪農の産物…牛乳を紹介しない訳にはいかない。  数年前まで、私が住む市内に、北海道の産物を専門に販売する 店があった。  そこで販売していた牛乳がこれ  コーヒー牛乳もある!  テトラパックの牛乳なんて…なんと懐かしい~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「別海ジャンボホタテバーガー」道東の街にてご当地グルメを食べる~北海道の旅(別海町)

 野付産の大きなホタテを使った「別海ジャンボホタテバーガー」     都会のファーストフード店の食べるホタテバーガーとはちょっと違う。  春巻きの皮でホタテを包んだものが挟まれている。  それと、他にもこだわりが…  さすが別海、大きなジョッキに入った牛乳も必ず付いてくる。  町内では現在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生牡蠣が美味かった…

 昨日、地元の居酒屋で生牡蠣を食べた…  牡蠣を食べると厚岸を思い出す…  Mサイズ1個80円の牡蠣からLサイズ160円のマルエモン等の牡蠣…  やはりまた食べたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オホーツク網走ザンギ丼~もうひとつの網走のご当地グルメ…北海道の旅(網走市)

 網走のご当地グルメには、先に紹介した「モヨロ丼」の他にもうひとつ オホーツク網走ザンギ丼がある。  オホーツクサーモン=カラフトマス  夏の終わりから秋にかけて、道東の川を遡上する、この広い意味での鮭 というか鱒の一種は、鮭缶等の缶詰めに利用されることが多い。  そんなサーモンを使った唐あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

網走のご当地グルメ「網走モヨロ鍋」~流氷に乗ってやってきたオホーツク…北海道の旅(網走市)

 「流氷の民」とよばれ、流氷に乗ってやってきたといわれるモヨロ人。  別名「オホーツク人」は、5世紀ころに網走の付近にやってきて、アイ ヌ人とは別の文化を繁栄させて、13世紀ころに突如として消えてしまう。  そんな謎の多いモヨロ人が残したモヨロ貝塚で出土される土器を模し た鍋…  網走では、その鍋を使ったご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地平線の見える多和平(リベンジ編)…北海道の旅(標茶町)

 地平線が見えるといっても、天気がよくなきゃ迫力がない。    日本一の牧場と呼ばれるこの地に来たのは2度目。  前回より少し青空があったが、快晴には程遠い。  レストハウスも寂しげだ。  この近くに標茶町育成牧場があるが、そこではサッポロビール 北海道プレミアムのC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニセコの山にある神秘的な沼~神仙沼…北海道の旅(共和町)

 ニセコの山の上のパノラマラインを走っているとレストハウスと 駐車場が現れ、そこに神仙沼への入口がある。  過去に一度、沼まで行こうと思ってこの駐車場まで来たことがあったが、 時期が5月中旬で周囲に積雪があり、沼への進入が禁止されていて非常 に残念な思いをしたことがあった。  入口からはこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道らしい景色を見ながら、搾りたての牛乳を100円で飲み放題!…北海道の旅(豊富町)

道北の豊富町にある大規模草地牧場  日本有数の規模の牧場に1500頭ほどの牛が放牧されている。  そこの丘の上にあるレストハウス。  ここはジンギスカンも食べられるが、私の目指したものはこれ  100円で牛乳が飲み放題!  しかも新鮮である。  こんな感じで提供されるが… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和菓子「大福」がメロン味・しそ味・ミルク味等々…北海道の味(名寄市)

 日本最大のもち米の産地である名寄市、  その街にある道の駅「もち米の里 なよろ」  そこには、ソフト大福と呼ばれるバラエティーにあふれた 味の「大福」がある。     いちご大福は当然、ミルク味、しそ、メロン、ハスカップ、青えんどう…  いろいろな味をもつ大福たちが並んでいる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知床羅臼の高台にある「クジラの見える丘公園」…北海道の旅(羅臼町)

 知床羅臼の高台にある「クジラの見える丘公園」  羅臼町観光協会のHPによると、  「マッコウクジラの噴気やオッポを観察できるのは、 日本でもココ羅臼だけ…」とのこと。  眺めは確かに良い。。  クジラの種類の説明もある  そして、わずか25㎞先には   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

函館の史跡「四稜郭」~有名な「五稜郭」を守るために…北海道の旅(函館市)

 五稜郭や鎮守府である東照宮を防御するため築造されたと いわれる史跡…「四稜郭」  有名な観光スポットの「五稜郭タワー」や  「五稜郭」   の影に隠れた観光地。  「四稜郭」の名は、蝶(ちょう)が羽を広げたような形を していることから付けられたようである。  当初は、四隅に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウスタイベ千畳岩~オホーツク海の奇景…北海道の旅(枝幸町)

 オホーツク海を横に見ながら、北上を続けると いろいろな景色に遭遇する。  これもその中のひとつ…  ウスタイベ千畳岩。  冬になると流氷が訪れるオホーツクの荒波にもまれたのか…  畳のような岩が重なり合っている。  隣接する無料のキャンプ場。  この岩を見るため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本一巨大なカニの爪…カニの刺身はほんのり甘く美味しかった…北海道の旅(紋別市)

 オホーツク海に面する紋別市。  ここには高さ12メートルのカニの爪がある。  下から見るとこうだ。  こんな街で経験したかったもの…  それは、カニを生で刺身を食べること。  通常、カニは茹でて食べるが、当然生でも食べられる。  各地で、カニの刺身を食べたせれくれる店があるが、私が訪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たっぷりと牡蠣を使った「かき丼」と旨味の詰まった「焼きかき」…北海道の旅(厚岸町)②

 これも厚岸で食べたかったメニューのひとつ…  「かき丼」  今回訪れたのは「厚岸海産」という店だ。  自宅ではこんな食べ方ができないが、そこは厚岸…  たくさんの「かき」を使った丼は、ご飯をかきこみたくなる。   値段は1000円だったか…  味は、「親子丼」のつゆの出汁がかつお節ベース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道でプリプリでジューシーな海のミルク…牡蠣を食す…北海道の旅(厚岸町)①

 カニやイクラ、ウニにホタテ…  北海道の海産物をあげるときりがないが、「牡蠣」も忘れてはならない。  北海道を代表する牡蠣の生産地「厚岸」では、なんと一年中牡蠣を食べ られる。  そんな、厚岸は何度も訪れたが、いつも早朝か夕刻になることが多く、 牡蠣を食べる機会がなかった。  しかし、昨年の5月、ち…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more