高知の元祖「ぼうしパン」と、酒を飲んだ後の「モンブラン」…四国の旅(高知編3)

 3年前に高知を訪れた時知らなかった「ぼうしパン」。

 その「ぼうしパン」を最初に作った永野旭堂の直営店

「リンベル」に行った。

画像


 普通の街角にある、普通のパン屋であるが、店内は

広く、飲食するスペースもあった。

 そしてこれが元祖ぼうしパン…

画像


 店内で販売しているぼうしぱんには2種類あった。

 ひとつは、給食用?…店員さんに2つの違いを説明

してもらったが、よく覚えていない…

 
 とにかくこちらは他の店でも売っているパッケージ

入りのもの。

画像


 中身はこれ。


画像


 次は、店内でのみ販売しているもの。

画像


画像


 こちらの中身はこれ…

画像


 ぼうしパンの「ツバ」の部分はカステラ生地。

 真ん中の盛り上がっている部分は普通のパン生地とのこと。

 周りのツバは甘くカリカリとしている感じで少し甘い…

 毎日食べたくなるほどの感動はしなかったが、メロンパンの生地

をヒントにしたそうなので、食べたくなったらメロンパンを食べよう。

 さて、前回紹介したように高知のグルメを堪能した後、私の場合、

甘いものが食べたくなるので、宿泊予定のホテル横の店へ…

画像


 ここは、土佐銘菓「かんざし」で有名な「浜幸」のはりまや本店!

 店内に入ると、ケーキが並んでいる!

 この数日前に、無性に「モンブラン」が食べたくなっていたので、

迷うことなく「モンブラン」のケーキを購入する。

画像


 ホテルに戻りすぐに食べる。

画像


 美味しかった…

 また訪れたい…と思える土佐だった。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック