美瑛の丘にて~「哲学の木」~物思いにふける木…北海道の旅(美瑛町)

 まるで人が首をかしげ、思索にふけるような姿からこの名が

ついたという。

 これでもポプラの一種とのこと。

 初めて美瑛を訪れたとき、ある理由でこの木を探すことが

できず、二度目の訪問でやっと見ることができ感動したものだ。

 もう、何度も訪れたが…

 今年の5月の様子は

画像


 先月は

画像


 角度を変えると表情も違う…

画像


画像


 有名な木であり、観光客も多いが、駐車する

スペースは小さい。

 昨年、マナーを守らない観光客が畑に入っていた

ことがあったらしい。それを見つけた所有者は、

木を切ることも考えたようだ。

 美しい景色は、みんなで守らなければならない。

 拓真館近くの丘に行くと、この光景をみることが

できる…




 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック